放課後等デイサービスの物件選び①

放課後等デイサービスを開設すると決断されたら、

様々な決定が必要となります。

人の決定(児童発達支援管理責任者)

サービス内容の決定(預かり型?療育型?)

物件の決定(地域・建物)

等開設に向けて必要な決定していくことになりますが、

最初に取り掛かるのは、物件の選定になることが多いと思います。

そこで、物件選びの基本的なポイントをお伝えしたいと思います。

物件の選定は以下の2つの切り口から物件を絞っていくことになります。

1.【エリアマーケティングで地域を絞る】

2.【指定基準省令等の様々な法令に適合した建物を選ぶ】

正確には児童福祉法に基づく指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準です

それでは

1.【エリアマーケティングで地域を絞る】から説明してきますが、

エリアマーケティングについては、専門ではないので、最低限抑えておきたい

 一般的なポイントをお伝えします。

 ①対象となる児童が多い地域を選ぶ

  (子供が多い地域は、対象となる児童が多いと考えられる)

    (長期的にみれば、現在の子供の人口に加えて、子供の人口が

  増加傾向にある地域も良いと思います)

 ②同業他社との競合を確認する

  (近隣に他の事業所が開設していても、サービス内容で差別化できていれば

   同じ地域で開設しても利用者が被らない可能性があります)

 ③事業所までの利便性を確認する

  (送迎を行わない事業所については、最寄りの駅やバス停までの

   距離が短い方が望ましいです)

  繰り返しですが、上記の3点は、最低限のポイントです。

  立地は重要ですので、

   詳しくは、マーケティングの本などで勉強されても良いかと思います。

  エリアマーケティングで地域を特定した後は、

   2.【指定基準省令等の様々な法令に適合した建物を選ぶ】

  の段階に入ります。

  放課後等デイサービスの物件は、事業所側が何の制約もなく自由に物件を

  選ぶことはできません。

  指定権者(役所)から開設の許可を取得するために定められた設備要件を

  満たす物件でなくてはなりません。

  設備要件については、次回のブログお伝えしたいと思います。

  最後までお読みいただきありがとうございました。

前の記事

法人格について